日本共産党いわき・双葉地区委員会ブログ

日本共産党いわき双葉地区委員会のページです。

馬場いさおのかけある記

初 霜 の 朝

 吐く息が白かった。温度計を見たら3℃。庭先の芝草も、周りも白く光っていた。

霜の風景を思い出した。阿武隈山系の谷間を縫うように国道が走る。R114だ。もう3年8か月、人の住めない、ふるさと津島がそこにある。阿武隈山系の中腹だから11月ともなれば冷たい西風が吹く。枯葉が舞い、音もなく散る。晴れた夜は星くずの光が突き刺さるようだ。そんな次の朝はかならず霜が降りる。蕗の葉などは霜にあたると黒く、焦げたようになる。山間部には一足早い晩秋が来る。そろそろ田面の乾きが悪くなるので、朝仕事にも稲架棒の片付けをしたものだ。原発事故の2年前にコンバイン、3年前には乾燥機を入れたばかりだった。夢ではない現実が突き刺さる・・・・。

 

早や三年(みとせ 唇咬みし 初霜(しも)の朝

朝霜や 稲架棒(はせ)の紐とく 息白し

かのひとの 温かき甘酒(さけ) 湯気かほる

だれがため 何のため再稼働  民は許さず

 

 

 

「完全賠償求める会」設立総会迫る!!

 

津島地区住民 各位        「津島地区原発事故の完全賠償を求める会」

準備会世話人 三瓶 宝次

馬場  績

津島地区原発事故の完全賠償を求める会」設立総会開催と

原発事故福島被害者弁護団による損害賠償請求勉強会・相談会のお知らせ

私たちは、東京電力福島第一原発事故により、先の見えない困難な状況を強いられています。しかし、国や東電は責任のなすり合いをし、自分たちの都合のいい基準で賠償をし、我々を納得させようとしています。あの美しい津島のふるさと、家、田畑そして代々築かれて来た地域コミュニテーを奪われたことは大変な怒りであり、それに見合った賠償を受ける権利があると思います。

つきましては下記により「完全賠償を求める会」の設立総会及び勉強会・相談会を開催することになりました、趣旨賛同される方是非御参加下さいますよう御案内申し上げます。

 

日時 : 平成26年11月16日(日)午後1時30分

場所 : 福島県「男女共生センター」研修ホール(元浪江町臨時役場)

         964-0904二本松市郭内1丁目195-1  (0243-23-8309)