日本共産党いわき・双葉地区委員会ブログ

日本共産党いわき双葉地区委員会のページです。

広野町議・畑中ひろこの広野通信―広野町議会・一般質問の内容

340

 3月6日から14日までの日程で、広野町議会第1回定例会が開かれ、10日月曜日に一般質問を行いました。私が行う一般質問の主な内容をご紹介します。

5番 畑中大子
1 高校授業料無償に所得制限が導入されたことについて
 ①どのように変わったか
 ②町内での所得制限対象者は何人か
 ③町民への通知はどのようにするのか
 ④町長の考え
 以上4点についてただしました。
2 中高一貫校の施設の環境放射能に対する安全対策について
 ①校舎や関連施設にエアコン(屋内換気式)を設置して、常にモニタリングができるようにすべき
 ②給食の実施方法について
 ③災害や放射能についての安全教育を実施すべき
3 中学校の部活動について
 ①生徒たちの意見をよく聞くこと
 ②中学校の学校通信を発行し配布すること、放課後の時間の活用についてただしました。
4 介護給付の削減が広野町に与える影響について
 ①介護と医療の一体改革によって一部の介護給付が町に移行し「地域包括ケアシステム」が受け皿となることで町に責任が課せられるがこれによりどう変わるか
 ②国の姿勢を問い、自治体としての役割をどのように考えるか、をただしました。
5 原子力発電所立地地域振興基金について
 未だにこのような名目の基金で町の公共事業を行うことについてただしました。

他の議員の一般質問の内容です。

 
1番 遠藤浩議員
1 子どもたちの再会・交流事業について
  震災から3年が経過し、県内外に避難している子どもたちの絆をつなぎとめる事業を繰り返し実施して、子どもたちの気概を取り戻そう
2 内部被ばくの予防対策について
 放射性物質の影響を最も受ける内部被ばくに対する予防対策を構築することへの町長の見解をただしました。
 

6番 北郷幹夫議員 
1 町民の健康支援について
 長期的な健康支援体制が必要との観点から、①特定健診の受診率、②がん検診の受診率、③甲状腺検査の受診率を問うと同時に、受診率向上のための対策をただしました。また、避難生活でのストレスによる心のケア支援についての対策と今後の取り組みも質問しました。
2 津波監視カメラの設置等による防災体制について
 海岸沿いと役場屋上に津波監視カメラを設置して、リアルタイムで津波の状況を把握したり、定期的に防災訓練、津波避難訓練を実施すべきではないか。

7番 門馬巧議員 
1 町長が選挙公約のひとつとしていた「町政維新」とは何をどのように変革するのかをただしました。
2 新たな水源(ダム湖)と浄水場の整備について
 大船水源と小滝浄水場の整備を課題として取り組むべきではないか。
3 町内3河川及び溜め池の水質保全について
 町内至る所に設置さている作業宿舎の生活雑俳水の問題などから、水質保全、水環境を守る施策を考えるべきではないかただしました。

2番 門馬まりえ議員
 1 広野町復興計画について
 ①第二次復興計画策定後に町民参加の推進をどのようにしていくのか。
 ②駅東側の土地利用についての町長の考えを聞きました。
2 高齢者福祉計画について
 平成25年3月に作成された高齢者福祉計画の実績をただしました。
3 公民館活動について
 地域住民の学習活動支援のための地域に密着した施設として生涯学習をどのようにすすめるかを質問しました。

3番 小磯利雄議員
1 原子力災害による国・東京電力の精神的損害賠償と優遇措置について
2 田・畑・山林に係る財物賠償について
3 広野町復興について
 国・県の施策と第4次広野町振興計画及び「広野町復興計画」との整合性について
4 町の基幹産業である農業対策について
 政府の農政改革減反政策見直しで定額補助金を止めるなど「日本型直接支払」に変えるもの。原発事故の風評被害にも苦しんでいる農家切り捨ての国の施策にどう対応していくかをただしました。    

広野町のニャン子とワン君

Neko_2折木・北沢のKさん宅のナナちゃんです。
小川町のEさん宅から北沢のKさん宅にもらわれていった子です。
すでに避妊手術済です。