日本共産党いわき・双葉地区委員会ブログ

日本共産党いわき双葉地区委員会のページです。

福島第二原発を視察

Dscn0775  原発問題福島県民連絡会は29日、福島第二原発を視察しました。視察には、県連絡会、伊東達也さん、早川篤雄さん、吉田英策さん(日本共産党いわき双葉地区委員会副委員長)、佐藤三男さん(原発事故の完全賠償をさせる会代表員)ら9名が参加しました。

 福島第二原発には4基の原子炉があり、東日本大震災による地震津波の被害を受けましたが、福島第一原発1~4号機のような大きな事故にはいたりませんでした。しかし、あと2時間電源供給が止まれば大惨事となるような危険な状況でした。現在は、可動停止中で、復旧作業を進めています。東電は、第二原発については廃炉とすることを決めていません。

 広野町のJビレッジっで東電社員から復興状況の説明を受け、その後マイクロバスで第二原発構内を巡り、事故後に設置されたガスタービン発電機や海岸沿いにある海水熱交換器建屋そして原子炉建屋などを視察しました。至るところに津波の跡が残っています。東電は説明の際に、「想定外」の津波で生じた事故であることを繰り返していました。