日本共産党いわき・双葉地区委員会ブログ

日本共産党いわき双葉地区委員会のページです。

浪江町議・馬場いさおのかけある記

 

3・23県民大集会に参加して

2

 

原発のない福島を!県民大集会に二本松の人々と参加した。浪江からは4名が参加。一言でいうと「静かな怒りの大集会」であった。7,000人の一角で、そう思ったのは二つの理由がある。

 

 その一は、沸々たる怒りの訴えである。大越たか子さんは浪江町苅野から栃木県に避難している。昨年までは浪江町の教育委員をされていた。家族を三つに分断された彼女は、あくまでも静かな口調で次のように訴えた。「孤独、不安になり、人ごみの中に立ちすくむことがある。原発は人々のつながりを分断した。荒れ果てた我が家。次に帰ってくるまで守ってください、と仏壇に祈るのです。」、そして最後にこう発言した。「人は人の手で制御できないものは作るべきでない」と。普通の生活を奪われた者の怒りの告発である、と僕は思う。1

 

 その二は、被災県としての使命を鮮明に宣言したことである。「原発のない福島を!」「安心して暮らせる福島を!」これは福島県民の願いであり、心の叫びです。世界史の中で特別な位置におかれたというべき福島が、しっかりと再生に向けた道を歩むために、原発依存からの脱却=原発との訣別は出発点であり、大前提でなければなりません。」と。フクシマ県民の怒りとおかれた立場、あるべき方向をはっきりと示したのです。あえて付け加えれば「オール福島」の旗印を鮮明にしたことです。浪江からもこうした運動に、たくさん参加できる闘いをどう広げるか、反省しきりです。